段差ビッグデータで日本の防災シーン・世界の道路情報を変える会社
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 発表資料・論文

発表資料・論文

ITSシンポジウム:熊本地震後の路面凹凸状況速報

2016.11.10 に北海道大学で開催されたITSシンポジウムで「熊本地震後の路面凹凸状況速報 〜スマートフォンを用いた迅速な調査〜」を発表しました。 アブストラクト 2016.4.14に熊本地震が発生した。その2週間 …

2014.10.23 ひび割れ検知への取り組み

2014年秋にアメリカで開催されたRPUG(Road Profile Users’ Group)での発表資料の日本語訳版です。 スマートフォンの内蔵センサを用いてひび割れを検知する技術についての発表です。 [ …

2013.12.05 土木学会・舗装工学講演会「自動車のばね上観測加速度からの路面縦断プロファイルの推定とその精度検証」

2013.12.05 土木学会・舗装工学講演会 自動車のばね上観測加速度からの路面縦断プロファイルの推定とその精度検証 自動車の車内ダッシュボード面などばね上にスマートフォンを設置し,内蔵の加速度センサとGPS の情報だ …

2013.10.31 日本道路会議「スマートフォンのみでのばね下推定による路面縦断プロファイル計測」

2013.10.31 日本道路会議 スマートフォンのみでのばね下推定による路面縦断プロファイル計測 2012 年の笹子トンネルの事故以降、道路などの社会インフラの総点検が行われている。筆者らは第29 回日本道路会議でスマ …

2012.12.14 ITSシンポジウム「スマートフォンを用いた路面段差の分布調査と汎用機器を用いる効果の一考察」

2012.12.14 ITSシンポジウム スマートフォンを用いた路面段差の分布調査と汎用機器を用いる効果の一考察 地震などの広域災害時に被災地周辺の路面状況をいち早く把握し共有することは、その後の迅速な復旧復興活動にとっ …

月刊「道路」11月号に連名で掲載されました

日本道路協会が発行する月刊「道路」11月号の技術情報”路面性状の計測と評価に関する一考察”に 委員会代表の八木が連名で掲載されました。 http://www.road.or.jp/pdf/2012_11.pdf

雑誌「舗装」9月号に寄稿しました

「舗装」9月号の特集”道路で活用されている情報化技術”で、BumpRecorderと道路維持管理への取り組みについて掲載されました。 http://www.kensetutosho.com/Magazine/hosou/ …

交通工学研究会 研究奨励賞受賞

第31回交通工学研究発表会における発表「スマートフォンの加速度センサを用いた路面段差検出手法と東北地方太平洋沖地震における適用」が研究奨励賞を受賞しました。 ~~~論文概要~~~ 地震などの広域災害時に被災地とその周辺に …

2011.11.04 ITSシンポジウム「加速度センサを用いた路面段差検出手法の改善と東北地方太平洋沖地震後の観測データへの適用」

2011.11.04 ITSシンポジウム(ベストポスター賞) 加速度センサを用いた路面段差検出手法の改善と東北地方太平洋沖地震後の観測データへの適用 地震などの広域災害時に道路状況を即座に把握、共有することは迅速な復旧復 …

2011.11.02 日本道路会議「スマートフォンを活用した路面段差観測手法と東北地方太平洋沖地震後の路面段差分布の調査結果」

2011.11.02 日本道路会議 スマートフォンを活用した路面段差観測手法と東北地方太平洋沖地震後の路面段差分布の調査結果 地震災害時に路面段差など道路状況を即座に把握、共有することは迅速な復旧復興活動にとって重要であ …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © バンプレコーダー株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.