2018/2/15開催の第5回の路面性状計測に関する海外調査報告会の資料販売を開始します。WCPAM、TRBを中心に調査した結果の報告です。CD版 2500円、印刷版 3000円、CD+印刷版 3500円です(いずれも消費税別、郵送料込み)。第4回以前の販売も同額です。送付先等をご連絡ください。
[ お申込みはこちらから ]

目次
・報告1 BumpRecorderと世界銀行のスマートフォンアプリRoadLab Proとの比較
・報告2 国内展示会報告

・報告3 WCPAM 注目論文 -World Conference of Pavement and Asset Management-
 3-1)Pavement Inspection Technology by KURABO
    クラボウの舗装計測技術
 3-2)Classifying Pavement Surface Anomalies Utilizing Smartphones Technology,
   Vehicles and On-Board Diagnostic Devices
    スマートフォンを用いた舗装異常の分類
 3-3)Determination of Pavement Roughness with Data Collected by Smartphones
    スマートフォンによる平坦性データ収集

・報告4 TRB 展示 – Transportation Research Board –
・報告5 TRB 注目論文1
 5-1) Mapping Location-Based Driving Volatility for Connected and Automated Vehicle 
    コネクテッド車輌・オートメイティッド車輌のための
    位置ベースの運転変動をマップ上に表示する取組み
 5-2)Optimizing risk mitigation investment strategies
   for improving post-earthquake road network resilience
    地震後の道路網の復旧性を向上するためのリスク緩和投資戦略の最適化

・報告6 TRB 注目論文2
 6-1) Detecting and classifying roadway pavement cracks, rutting,
   raveling, patching and potholes utilizing smartphones
    スマートフォンを用いたひび割れ、わだち、ラベリング、
    パッチング、ポットホールの検出およびクラスタリング手法
 6-2) Entropy-based automatic detection of multiple pavement defects
    エントロピーに基づくさまざまな路面状況の自動検出
 6-3) Algorithm for estimating international roughness index
   by response-based measuring device
    レスポンス式IRI評価アルゴリズム
 6-4) On the road to a Geospatial Road Asset Management System
    System design and Vietnam Case Study
    地理空間情報を用いた道路管理システムの取り組み~ベトナムの事例~
 6-5) Effects of the international roughness index and rut depth
   on crash rates Michael Mamlouk, Arizona State University
    IRIとわだち深さが事故率に与える影響
 6-6) Evaluation of hydroplaning risk of permeable friction course
   using 3-d grooved tire-water-pavement interaction model
    タイヤ~水~舗装の3Dモデルによるハイドロプレーニングリスク評価