熊本地震対応:IRI無償解析のご案内

2016年4月に発生した熊本地震に対応したIRI無償解析は2016年6月初をもって終了しました。ご協力ありがとうございました。
〜〜〜〜〜
 
4/14 21:26 に熊本県で発生した震度7の地震による被災状況確認のため、熊本県内、大分県内で BumpRecorder を使い、走行中の車両の振動データを計測し、当社にアップロードいただくと、5月末まで当社で解析したIRIデータを無償で提供します。。(通常1kmあたり1000円で提供しているものと同等の解析を無償で行います。)

対象:
・熊本県内、大分県内の計測データ(被災の有無に関わらず無償解析します)
・計測日が 2016/1/1〜5/31 で、6/3までにアップロードされたもの(被災前後の状況が確認できるよう、4/14以前のデータも対象とします)

提供方法:
・当社 BumpRecorder Web の右上にある「無料ID取得」ボタンを押し、IDを取得ください。  http://map.bumprecorder.com
・そのIDを当社へメールでご連絡ください  info@bumprecorder.com
・アンドロイドスマホアプリ BumpRecorder で取得データをアップロードいただいたのち、概ね1週間以内にご連絡いただいたメールアドレスにIRIデータを送付します。
・IRIデータは当社のスクウェアメッシュベースのIRIです。
  スクウェアメッシュについて PDF

条件:
・当社から送付したIRIデータに利用制限はありません。業務などにご自由にお使いください。
・ご提供いただいた計測データの解析結果(IRIなど)は当社から熊本県等にも提供させていただきます。BumpRecorder Web の地図画面での第三者への提供など、当社の無償サービス・有償サービスにも使用させていただきます。

計測上の注意点:
・アンドロイドスマートフォンのみです(iPhone版はありません)(一部、計測精度が確保できないアンドロイドスマートフォンもありますが詳しくはお問い合わせください。)
・スマートフォンはしっかり固定してください。グラグラしていると危険ですし、計測精度も悪くなります。
・1回の計測走行は2km以上としてください。それ以下は解析できません。

BumpRecorder について:
・スマートフォン内蔵の加速度センサーで走行中の車両の振動を収集し、走行路面の平坦性(IRI)を評価するアプリケーションです。
・周波数解析によりサスペンションの硬さを推定したうえ、サスペンションのバネモデルの運動方程式を解くことでサスペンション下部の上下動を求めることで、再現性よく計測できます。
・アンドロイドスマートフォン用のアプリケーションは Google Play(Play ストア)から無料でダウンロード・インストールできます。「BumpRecroder」で検索すると出て来ます。